MENU
うーすけ
既婚子持ちの30代半ばおっさん。
2018年夏に謎解きとインデックス投資にハマって早数年。
謎解きや投資運用状況、昔から好きなお菓子であるグミ関連の記事を中心に更新しています。

少年探偵 SCRAP 団 - 団員 No.80288
日本グミ協会会員 - 会員番号 9393-13064
リベシティ - ペンギン会員
\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る

【実録】CISA試験当日(銀座CBTSテストセンターでの受験記録)

  • URLをコピーしました!

先日受けたCISA試験当日の内容を忘れないうちに記録しておこうと思います。

Table of Contents

前日夜

試験開始時間は10時半で、その30分前には会場に到着しておくようにとの連絡がメールで来ていました。
試験会場は銀座の歌舞伎座タワー(最寄り駅は東銀座駅)なので、余裕を持って9時半過ぎには最寄り駅に着いておこうということで逆算した結果、8時過ぎには自宅を出ないといけないという試算に。

3月以降は仕事も在宅勤務になり朝早く起きることがなくなったので、寝坊だけはしないように、と早めに眠ることにしました。
ただ、もうやれるだけの勉強はやったという自負はあったものの、大丈夫だろうかという不安が頭をもたげ、横になってからもしばらく眠れませんでしたね。

※ちなみに、どうでもいい情報ですが、前日の夜は妻が験担ぎで「カツ丼」を作ってくれました。ありがとう。

当日朝(出発)

当日朝は無事寝坊することなく起きることができ、この日のために買っておいた(というか、飲むタイミングを逃して冷蔵庫に入ったままになっていた)モンスターエナジーを注入。あ、もちろん、普通にご飯も食べました。

着替えて支度をして、家を出たのが8時過ぎ。写真付きの身分証明書が1点必要ということで案内は来ていたのですが、他の人のブログで「会場で『身分証明書は2点必要だ』と言われた」という情報があったので、運転免許証に加えて念のためパスポートも持参。

駅のホームでスマホを見ながら電車を待っていると、もともと乗ろうと思っていた電車の発車時刻が過ぎていることに気付きました。「あれ、ダイヤ変わったのか?」と思いましたが、どうやら反対側のホームに電車が来ていたようで、まさかの初っ端からのやらかし。その次の電車に乗っても時間的には十分余裕はあるものの、不吉なスタート。

会場となる歌舞伎座タワー内のテストセンターが紹介されているブログを見つけたので、電車内で内容を確認し、東銀座駅に着いてからの動きをイメージトレーニング。

もともと乗るつもりだった電車はスルーしてしまったものの、東銀座駅には9時半過ぎに到着しました。そこから、歌舞伎座タワー方面に向かって歩き、途中の木挽町広場にあるセブンイレブンで水を購入し、会場に向かいます。

当日朝(会場到着)

試験会場となる「銀座CBTSテストセンター」は歌舞伎座タワーの5Fにあるということで、エレベーターに乗って5Fを押したところ、「今の時間はその階には止まりません」とのアナウンス。「え、どういうこと?」と思いながら、一旦エレベーターを出ました。
調べてみると、そもそもテストセンター自体の営業開始時間が10時からになっています。

「30分前には会場に到着してください」と言っておきながら、そもそも会場が開いてないってどういうことやねん、と思いつつ、4Fまではエレベーターで行けるようだったので、とりあえず4Fに行ってみることにしました。

4Fに到着すると、5Fに上るための外階段を見つけたのですが、その前に扉がありました。
「この扉も10時まで開かないというオチか?」と不安に思いながらも手をかけると、無事に扉は開き、何とか5Fに上ることに成功。

少し歩くと、先ほどのブログで紹介されていた通りの門構えが見えました。時間もまだぎりぎり10時前で、ホッと安堵……したのも束の間、いざテストセンターの入り口前に着くと、扉に何やら貼り紙が。

「新型コロナウィルス感染拡大の状況を考慮し、本日は閉館いたします」

文言の詳細は覚えてませんので実際の文章とは違いますが、とりあえず「今日は閉めるよ~」というメッセージが記載された紙が貼られていたのです。

「確かに、試験案内のメールでも『試験会場が緊急閉鎖される可能性がある』という文章はあったし、都内の新型コロナウィルス感染者数が拡大している状況ではあるけれども、何の連絡もなしに閉めるとかあり得るのか?」と、頭の中が?でいっぱいになる僕。

気を張ってここまで来たのにまさかの仕切り直しか、と憂鬱な気持ちになりかけたところで、扉が開いて受付の人が出てきました。
「試験を受けられる方ですね、どうぞ」と言われて中に入るも、またも「え、どういうこと?」と混乱。恐らくですが、閉館されていたのは前日の話で、その貼り紙が貼りっぱなしになっていたのだろうと思います。このときはたまたま入り口前に到着してその貼り紙を見たのが10時直前で、すぐに10時になって受付の人が出てきたからよかったものの、もし10分前に着いてたら、今日は試験を受けられないのかと関係各所に確認の電話をしていたと思います。

テストセンターがある5Fには10時になるまでエレベーターが止まらない

営業日であっても、当日は閉館している旨の貼り紙が入り口扉に掲示されたままになっている(ので、10時前にテストセンターに到着すると焦る)

これは2大トラップと言ってもいいでしょう。試験始まる前から焦らされましたわ。

とりあえず無事に試験は受けられそうだということで一安心。
非接触式体温計で体温を測られた後、自分の名前を伝え、身分証明書としてパスポートを提示しました。2つの身分証明書の提示を求められた人がいるという話を書きましたが、ここではそういうことは言われませんでした。

本人確認が終わると、荷物を入れるロッカーの鍵とログインシート(PCから試験問題にアクセスする際に利用するIDが記載されたシート)を渡されました。
試験開始は10時半からということになっていましたが、すぐに始めてもいいということで、早速荷物をロッカーに入れて試験用の部屋に入りました。

試験開始

部屋に持って入れるのは、受付で渡されたログインシートとPCの操作方法に関する簡単な資料と、持参した身分証明書だけです。ロッカー番号がそのまま部屋の座席番号と対応しており、今回は「A-4」でした。

試験時に利用するPC(というか試験用ソフトウェア)の簡単な操作説明を一通り確認した後、いざ試験開始。

1ページにつき1問が出題され、解答して次のページに進むと、次の問題が表示されるという形式。解答したら後戻りはできないということはなく、いつでも前の問題に戻って見直すことができます。また、必要に応じて各問にフラグを付けることができます。

僕は「解答に100%の自信が持てない問題」にフラグを付けていくことにしたのですが、試験序盤はほとんどがフラグ付きになってしまって、めっちゃ焦りましたね。最終的に150問を一通り解き終えた時点でも半分くらい、もしくはそれ以上フラグ付いてたんじゃないかな。
フラグが付いたところだけ見直そうかと最初は思っていたのですが、あまりにフラグの付いた問題が多すぎたので、もう一度全部見直すことにしました。

150問通して終えたところで、確か70分~80分くらい使ってましたかね。試験時間は4時間(240分)なので、時間的にはまだまだ十分余裕がありました。

見直してみると、最初にフラグを付けた問題でも「よく考えればこれ以外あり得ないじゃん。大丈夫」と自信を持って解答できる問題(フラグを外せる問題)が多く出てきました。やはり試験開始直後は緊張感からか冷静さを欠いていたところがあるのでしょう。
そして、2周目を終えてもフラグが外せない問題が20~30問ほどあったため、今度はそれらだけを見直してフラグを潰していくことにしました。ただ、どうやっても自信が持てない問題(例えば知識問題だったり、文意が理解できなかったり、答えを絞りきれなかったりするような問題)というのはどうしても残るので、全部のフラグを潰すことを目標にするのではなく、フラグ付きを15問程度(全体の10%)に抑えることを目標にしました。
というのも、恐らく全体の8割正解していれば十分合格水準に達しているはずという推測のもと、自信がない(=それらの問題が全部不正解である可能性がある)問題が1割程度に抑えられていれば、その他の自信のある問題の中で不正解のものが多少出てきても十分に合格水準には達しているだろうと判断したためです。

そうして最終的にフラグ付き問題を15問以下にできたところで、残り時間が確か70分~80分くらい。そこでもう試験終了してしまおうかと思ったのです(4時間内であれば、いつでも自分の好きなタイミングで解答を提出して試験を終了できます)が、変な読み違いや勘違いで不正解の問題があって、それが原因で落ちたくはないという思いから、最後にもう一度最初から一通り見直すことにしました。
我ながらかなり慎重だったと思います。やはり一発で合格してすっきりしたいですしね。

3周目が終わったときには、残り時間30分ほどになっていました。「きっと大丈夫だ。これで不合格なら仕方ない」というところまでやりきった感があったので、試験を終了。
結果発表の前に、試験会場や試験問題に関するアンケートに答えさせられます。

試験結果発表

アンケートに答え終わった後、いよいよ運命の結果発表です。

パッと表示が切り替わったものの、初めは一体どこに結果が記載されているのかよくわかりませんでした。

よく見ると、画面中央あたりに「予備判定の結果、あなたはCISA試験に合格しました」の文字が。
一気に肩の力が抜けました。予備判定であり、正式な結果ではないものの、これが覆るということはまずないでしょう。
1ヶ月間とは言え、毎日勉強してきた生活から解放される安堵感に包まれます。

部屋を出て、受付の人にログインシートと説明資料を返却。ロッカーから荷物を出した後に、ロッカーの鍵も返却。受付の人から、「お疲れ様でした」と声をかけられ、退出。

それほど難易度は高くない試験とは言え、無事に試験をパスできた安堵感と解放感たるや、最高でしたね。
トイレに寄った後、屋上庭園を少し散策して写真を撮りました。

歌舞伎座タワー
歌舞伎座タワー
歌舞伎座タワー
歌舞伎座タワー

午前中は小雨混じりの曇り空だったのに、試験を終えて外に出た14時頃は暑いくらいの快晴になっていました。

これからCISA試験を受けられる方、もしくは銀座CBTSテストセンターでCBT試験を受けられる方の参考になれば幸いです。

いいね! と思ったら、シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Table of Contents